お悩み・お役立ち

メンズエステのルームに設置されている鏡(ミラー)の有効的な使い方

更新日:


メンズエステでは、個室に大きな鏡(ミラー)を設置されていることがあります。

店舗型はもちろん、マンション型でもルームに鏡が置かれているケースがほとんど。

当たり前の光景すぎて気に留めてなかったけど、この鏡って何のために置かれているのか。

……考えてみたら気になりませんか?

鏡があることのメリットは? 果たして、その鏡の利用方法は??

今回は、メンズエステの鏡について考えてみたいと思います。

メンズエステの個室に鏡がある理由


メンズエステでは、マッサージ用の個室に鏡を設置してあるのをよく見かけます。

例えば、マンション型は全身が映る大きな鏡をマットと平行になるよう横倒しにして、壁に立てかけているのが一般的。枕元にも鏡を設置している店舗も少なくありません。

また、店舗型だと壁にはめ込み式になっているケースもあります。

なぜ、ルームに鏡が設置されているのでしょうか?

ざっくり言えば、メンズエステに鏡がある理由は主に2つあります。

・セラピストが写メブログ用の画像を自撮りするため
・男性客がセラピストの姿をじっくり眺めるため

セラピストの写メブログやTwitterの投稿を見てみると、鏡を活用して全身を映している自撮り画像が目立ちますよね。

スマホのインカメラは画質が悪く、アップになりすぎてしまう傾向があります。鏡を上手に使えば、その欠点を補って映える写メが撮れるんです。

また、セラピストとの時間を楽しみたいお客様にとって、鏡はとても重要なアイテムです。

鏡があれば、常にセラピストの全身像を眺めることができますからね。

セラピストは胸もとや太ももなどを強調した露出度の高い服装が多いですが、鏡があればその姿をずっと眺めて楽しめるというわけです。

鏡があることでコミュニケーションが深まる


メンズエステは癒しのマッサージを楽しむ場ですが、同時に触れあいを楽しめるのもポイントです。

セラピストのセクシーな姿を目で見て堪能したり、会話を交わしたり……。そんなときに役に立つアイテムが鏡です。

メンズエステのマッサージはいろんな体勢で行いますが、例えばうつ伏せで施術しているときなどはセラピストの全身を見ることは物理的に不可能ですよね。

ですが、鏡があればそんなときでも顔を横に向けるだけでセラピストの全身を見られますし、円滑にコミュニケーションをとることができます。

どんな体勢でも鏡越しに目を合わせて会話を楽しめる――これはお客様にとって嬉しいポイントでしょう。

また、セラピストにとっても、鏡は写メを撮るためだけの道具ではありません。

ルームの鏡を利用することで、セラピストからお客様に自分を上手にアピールすることができます。

例えば、施術中に鏡に映る自分の姿を意識してチラリズムを演出したり、鏡越しにお客様と目が合ったときに微笑んでドキドキ感を演出したり……。

「あざとい」と思われるかもしれませんが、お客様のハートを掴むにはこのようにルームの鏡を有効活用することも大事。言わば、営業ツールの一つとしても重要なアイテムになり得るのです。

メンズエステのルームにおける鏡の設置例

『ラグタイム』池袋ルーム

『ラグタイム』池袋ルームの鏡

『ラグタイム』新橋ルーム

『ラグタイム』新橋ルームの鏡

『ラグタイム』五反田ルーム

『ラグタイム』五反田ルームの鏡

ユーザー体験談「メンズエステの鏡はここが魅力!」

Mさん(35歳)都内在住・自営業

メンエス店の鏡はすごく大事です。鏡が設置されていないところは絶対に選びたくありません。

なぜなら、メンエス通いはマッサージを受けることはもちろん、セラピストさんとお喋りするのも大事な目的なんですよね。鏡があれば、うつ伏せになっているときでもしっかり目を合わせてお喋りできるから助かります。セラピストさんと目を合わせて喋りたいので、自分にとって鏡は欠かせないアイテムです。

綺麗な女性が頑張ってマッサージしている姿をじっくり眺めて楽しめるのも醍醐味ですね。ふとした瞬間に胸チラを見たりすると、すごく得した気分になります。体勢によっては、鏡越しに太ももが大写しになったりもしますから。

意図しないところでセラピストさんの“ラッキースケベ”が見られると、そこに興奮して(またこのセラピストさんを指名したい!」と思ってしまうんですよね(笑)。

Kさん(26歳)都内在住・<会社員

私にとって、鏡とはメンズエステに絶対に置いておくべきもの。鏡がないメンズエステなんて考えられません。あって当たり前のアイテムです。

だから、自宅にセラピストを呼ぶ出張型メンズエステは利用しないんです。家にはあんな大きい鏡なんてないですから(笑)。

しかし、お店によっては残念ながら個室に鏡を置いていないメンズエステもあったりします。

先日、新規オープンしたばかりのメンズエステを利用したのですが、私としたことが大失態。出てきたセラピストさんは期待通りの美人さんだったのですが、ルームに鏡がないんです。これでは施術中にセラピストの容姿をじっくり見られません。せっかくの美女だけにがっかりでした。

それ以降、お店に鏡が置いてあるかどうかチェックするようになりましたし、予約のときに聞くようにもしているのは言うまでもありません。

まとめ


今回は、メンズエステの鏡の存在意義について考えてみました。

メンズエステの鏡は、男性ユーザーのみならず、セラピストにとってもお客様とのコミュニケーションをより円滑で濃密なものにするための魔法のアイテム。文字通り「魔法の鏡」です。

ルームに鏡があることで、メンズエステの楽しみ方は無限に広がります。せっかくなので、ぜひ有効活用して施術タイムを有意義な時間にしてくださいね。


問い合わせ・応募

大手メンズエステで働いてみたい方、いつでもお気軽にお問い合わせ下さい。セラピスト未経験の方も大歓迎です。

女性オペレーターが、24時間対応で通常5分以内に返信いたします。

勤務地は神田・銀座・新橋・五反田・池袋・錦糸町・秋葉原・恵比寿からお選びいただけます。

「コラム見ました」とお伝え頂けるとご案内がスムーズです。お問い合わせを心よりお待ちしております。

\ 10秒で完了します /

スマホ用の投稿ページ用フローティングバナー
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モルワイデ・綾

メンズエステ経験5年の元セラピスト。現在はメンズエステの業務のお手伝いをしながら、セラピストさんやメンズエステで働きたい方に向けたブログを執筆しています♪

-お悩み・お役立ち

PAGE TOP

Copyright© 【メンズエステ求人】ラグタイムグループ , 2022 All Rights Reserved.