稼げるテクニック

メンズエステで手コキを要求されたらリピーター獲得のチャンス!?

更新日:

腕を絡める女性

メンズエステで働いていると、

お客さま
抜いてよ

お客さま
手コキないの?

と聞いてくるお客さまに遭遇する機会が少なからずあります。

こういった性的なサービスはメンズエステでは提供してはいけない決まりになっているので断るしかありません。

ですが、「断ったらこの人は次来てくれないんじゃないか…」と思うと、ストレスになりますよね。

今回は、メンズエステで手コキなどの性的なサービスを要求されたときに使える、「お客さまがリピーターになってくれる断り方」をご紹介します。

基本的な断り方

断る女性

リピートに繋げる断り方の前に、メンズエステ以外でも使える基本的な上手な断り方をご紹介します!

上手な断り方のポイントは

【NO】+【理由】+【気遣い】

です。

ただ「ダメです」「無理です」というのではなく、ダメな理由を付け加えて、できれば相手への気遣いを添えるのが大切です。

これをメンズエステで手コキを要求されたときに置き換えると、

手コキしてくれないの?

女の子
ごめんなさい。(NO)ここはメンズエステなのでそういう風俗的なサービスをしちゃだめなんです…(理由) その代わり手のマッサージもしますね♪(気遣い)

という感じです。

これだけでも、お客さまからは

お客さま
真面目だし献身的ないい子だなぁ

と思ってもらえるので、リピートにつながる可能性があります。

メンズエステ初心者の方でも簡単にできる方法なので、ぜひ試してみてください。

【NO】の言い方

【NO】の言い方が悪いと、お客さまから反感を買ってしまう場合もあります。

例えば、不愛想に「無理ですから」「ダメに決まってるじゃないですか」などというのは、お客さまの印象を悪くしてしまいます。

お客さまの印象が悪くなるとこの後どんなに上手くダメな理由を伝えたとしても、NOの言い方のキツさにかき消されてしまいます。

なので、嘘でもいいので申し訳なさそうに断る必要があります。

理由は曖昧にしない

上手に断るためには、理由を曖昧にせずにはっきりと伝えなくてはなりません。

理由を曖昧にしてしまうと、お客さまは

お客さま
もしかしたら、このまま押せ押せで行けばやってもらえるんじゃないか?

と思ってしまい、さらにエスカレートする危険性があるからです。

個人的にしっかり断れるおすすめの理由付けは、「お店のせいにする」です。

・お店から禁止されているので…
・お店の人にそういうエッチなことは絶対にやっちゃダメだって言われてるので…

のように、ダメな理由をお店側に押し付けてしまいましょう。

リピートにつなげる断り方

ガッツポーズをする女性

ここでは、メンズエステのお仕事に少し慣れてきた方向けの「リピートにつながる可能性が高い断り方」をご紹介します。

思わせぶりな態度をする

古典的な方法ですが、思わせぶりな態度をとってリピートに繋げる方法があります。

例えば

・もっと仲良くなったら考えるね
・また今度ね
・ムラムラしたら襲うね(笑)

といった感じで、お客さまに「もしかしたら次この子を指名したら何かあるのでは…?」

と思わせる方法です。

超絶テクニックを披露する

こちらは、マッサージ技術に自信のあるセラピストさん向けの方法です。

お客さまから、手コキなどの過剰要求をされたら、

女の子
うふふ~

と流しつつ、マッサージする手の力を強めたり、身体のツボを刺激します。

上手なマッサージができれば、お客さまは骨抜きになってしまうので、これ以上要求してくる可能性は低くなります。

そして、「この子マッサージ上手いから次もお願いしよう」となる算段です。

まとめ

今回は、メンズエステで手コキを要求されたときに使える「リピーターになってもらえる断り方」をご紹介しました。

めんどくさい過剰要求も、リピートに繋げるチャンスです!

ぜひ試してみてくださいね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モルワイデ・綾

メンズエステ経験5年の元セラピスト。現在はメンズエステの業務のお手伝いをしながら、セラピストさんやメンズエステで働きたい方に向けたブログを執筆しています♪

-稼げるテクニック

Copyright© 【メンズエステ求人】ラグタイムグループ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.