未経験の方へ

【キャバ嬢必見】キャバクラよりメンズエステのほうが稼げる理由

更新日:

背中合わせの女二人
「コロナ禍」の影響で、夜のお仕事の業界は危機にさらされています。

特にキャバクラなどの接待を伴う飲食業では感染経路不明者が多いことから、休業を余儀なくされたお店も多い状況です。

そんなご時世ですので、仕事を失ってしまったキャストさんも多いみたいですね。コロナ禍が過ぎ去るまで貯金で食いつないだとしても、しばらくはキャバクラに客足が戻ることはない可能性が高いです。

ではこの先どうやって生計を立てればいいのでしょうか?

今回は、メンズエステがなぜキャバクラのキャストさんにおすすめの転職先かをご説明します。

キャバクラからメンズエステに


キャバクラのキャストから、メンズエステのセラピストに転身する方が多いことをご存知ですか?

ネットで「キャバクラ メンエス」と調べると、そのような記事やブログが何件か引っ掛かるほどには、キャバクラからメンズエステに働く場所を変える方が多いみたいです。

また、お客さまでもキャバクラからメンズエステに鞍替えする方が多くいます。
私の体感としても風俗からメンズエステより、キャバクラからメンズエステという方のほうが多かった気がします。

実際に私が現役でお仕事をしていた頃に仲の良かったセラピストさんの一人は元キャバ嬢で、以前「なぜキャバクラから転身したのか」聞いたことがありました。
彼女の場合はキャバクラのノルマが厳しすぎるわりに稼ぎが少ないことが一番の理由だそうです。

キャバクラが稼げない理由

電卓とにらめっこする女性

客足の減少

新型コロナ流行以前からキャバクラの客数は減少傾向にありました。

実際にキャバクラのオーナーさんやボーイさんたちからは、「ここ数年で客足が遠のいた」「若いお客さまが減った」「多くの企業が交際費に厳しくなり、経費でキャバクラに来る会社員が少なくなった」との声が多く上がっているようです。

たしかに、平成初期のバブル崩壊以降日本の経済状況は悪化の一途をたどっているので、年々客足が遠のいてしまっているのは仕方がないかもしれません。

また、最近では若年層のキャバクラの利用が減っているとの声もよく耳にします。
よく「若者の○○離れ」というフレーズがメディアでは取りざたされていますが、キャバクラも例外ではありません。
キャバクラの場合は、「お金を払って他人に気を遣わせてまで酒までおごらなきゃいけないというのは地獄」という意見も出ています。
若い人にとっては「キャバクラ=そんなに楽しくない」といった感じなんだと思います。

働くための出費が多い

キャバクラで働くと、ドレス代・ヘアメイク代・美容費・エステ代、さらにお客さまへのプレゼント代など、稼ぐために働いているのにお金がどんどん無くなっていきますよね。

月に何百万稼いでいるキャバ嬢でも、その半分ぐらいは経費に費やしていると言われています。

しかも、キャバクラのキャストの平均月収は30万円前後だそうです。

これではせっかく夜職を頑張ったところで、普通のOLさんよりお金がない!なんて方も結構いるのではないでしょうか?

ノルマが厳しすぎる

罰金でお金が消えていく
キャバクラは、キャストの指揮を高めお店全体の売り上げをアップするために様々なノルマを設定しています。
よくあるノルマとしては

・出勤ノルマ
・指名ノルマ
・同伴ノルマ
・売上ノルマ
・イベントノルマ
・お酒ノルマ

などがあります。
達成できるような良心的な設定のお店もあれば、全然達成できる気がしないようなノルマ設定の店もあるのが実情。

そのうえ、達成できなければ罰金を取られることもしばしばです。

これでは働くのはかなりしんどいですよね……

キャバクラよりメンズエステ!?その理由は

何かを指し示す女性
これらの理由から、キャバクラからメンズエステに移籍する女性が近年増えてきています。

しかもそのほとんどが、キャバクラ時代より生活が安定しているそうです。

理由としては、3つほどあります。

1つめは、メンズエステが最近ブームになってきているという点。

キャバクラは経営不振から年々店舗数も減少していますが、メンズエステは年々増え続けています。

つまり、メンズエステの需要が増加しているということです。

特に顕著なのは、20代~30代と50代~70代のメンズエステユーザーの増加です。
若い世代の場合、キャバクラのような大人数でお酒を飲んで騒ぐところより、女性と一対一のほうがいいみたいですね。
50代~70代はキャバクラで若いころから遊んでいるバブル直撃世代ですが、体力の低下を理由にメンズエステに鞍替えする方が増えてきています。

2つめは、稼ぐための必要経費が少ないという点。

メンズエステはキャバクラと違い、お店で働くときの衣装(施術着)はお店で用意してもらえます。
なので、働くためにわざわざ服を買うなどの必要がありません。
また、メンズエステに来るお客さまは容姿よりも雰囲気重視の方が多いので、キャバクラのように美容にお金をかけまくるようなことをしなくてもいいのです。

3つめは、罰金がないという点。

メンズエステでも、お店によってはノルマがある場合も一部ありますが、達成できなかったら罰金のような制度はありません。
働けば働いた分だけしっかりお給料が貰えますよ!

CLICK !
自由出勤制のメンズエステで効率よく稼ごう【稼げるチャンスは水曜日!】

メンズエステで稼いでいるセラピストには共通点があります。 それは「色気」「笑顔」「マッサージ」「気遣い」「(髪色やメイクの)自然さ」。 そして……「稼げるとき」に「効率よく」働いている方が多い、という …


キャバクラで働くことをお考えの貴女、ぜひメンズエステのセラピストも選択肢の一つに入れてみてください。
CLICK !
メンエスで働くメリットとは?
【風俗よりも好待遇】メンズエステで働くメリット10個とは

風俗とメンズエステだと、メンズエステのほうがメリットがたくさんあるって知っていますか? 今回はそんなメンズエステのメリットを10個ほどご紹介します♪ 目次1 風俗じゃない2 彼氏・旦那公認でお仕事がで …


CLICK !
明確な基準がある給料制度だからやりがいをもって働けます
メンズエステは非風俗なのに驚きの高収入!

ラグタイムのお給料は完全現金・日払い制 頑張っただけ稼げる「スライドバック制」を採用 ラグタイムグループでは前月の指名本数によって基本バックが上がっていくスライドバック制度を採用しているため、未経験ス …

ラグタイムの3つの約束「入店祝い金」「完全現金日払い」「時給保証」って?


問い合わせ・応募

大手メンズエステで働いてみたい方、いつでもお気軽にお問い合わせ下さい。セラピスト未経験の方も大歓迎です。

女性オペレーターが、24時間対応で通常5分以内に返信いたします。

勤務地は神田・銀座・新橋・五反田・池袋・錦糸町・秋葉原・恵比寿からお選びいただけます。

「コラム見ました」とお伝え頂けるとご案内がスムーズです。お問い合わせを心よりお待ちしております。

\ 10秒で完了します /

スマホ用の投稿ページ用フローティングバナー
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

モルワイデ・綾

メンズエステ経験5年の元セラピスト。現在はメンズエステの業務のお手伝いをしながら、セラピストさんやメンズエステユーザーに向けて役立つ情報を発信しています♪

-未経験の方へ

PAGE TOP

Copyright© 【メンズエステ求人】ラグタイムグループ , 2022 All Rights Reserved.