未経験の方へ

メンズエステの面接~体験入店までの流れについて

投稿日:

「メンズエステの面接にはどんな準備が必要なのかな」
「どんなサービスをするんだろう? エッチなことはしない?」

メンズエステ求人に初めて応募する女の子はそんな不安を抱きますよね。

今回は、業界初心者・未経験の女の子に役立つメンズエステの面接から体験入店までの流れや疑問を解説します。

メンズエステの面接に必要な準備は?

面接が決まったら、当日までに準備しておくべきものがあります。

身分証明書

 

 

 

 

 

まず、必需品となるのが「顔写真付きの公的身分証明証」です。

● 運転免許証
● パスポート
● マイナンバーカード
● 住基カード

顔つき身分証明証は「生年月日」「顔写真」を確認するのに必要です。身分証や個人情報を悪用されることはありません。

万が一、顔つきの身分証がない場合には「本籍地が記載された住民票」と健康保険証を提示しても面接してもらえます。

メイク道具

 

 

 

 

 

 

 

メンズエステでは、身だしなみを意識しているかも面接で見られるポイント。

面接前にお化粧直しができるようにメイク道具を持参しておきましょう。

また、面接後にそのまま講習や体験入店になる場合もあります。

メイク崩れを起こすことがあるので、お化粧ポーチにメイク直しセットを入れておくと安心です。

面接にはどんな格好で行くのがいいの?

面接で担当者にいい第一印象を持ってもらえば(この女の子ならいい接客をしてくれそうだな)と判断してもらえます。

いい印象を与えるためにも事前にきちんと準備が必要です。

服装

メンズエステは風俗店ではありません。

そのため、派手な服装や露出の多すぎる服はあまり好まれません。清潔感のある服装で面接に挑むのがおすすめです。

髪型

髪型も清楚なヘアスタイルが好まれる傾向があります。

カラーリングしている女の子はプリンになっていないか、髪の色が派手すぎないか、伸ばしっぱなしの髪ではないかなどをチェックしておきましょう。

面接前に美容室でカットやカラーをしておくと好印象です。

メイク

メンズエステに来るお客様は癒しやリラクゼーションを求めてくる人が多く、メイクも服装と同じようにあまりケバいお化粧は好まれない傾向があります。

仮に面接後すぐに体験入店をするなら、パネル写真を撮ることも。できるだけナチュラルメイクを心がけた方が男性ウケもよくなります。

メンズエステの面接ではどんな質問をされるの?

面接当日は担当者からいろいろなことを聞かれます。

当日になって慌てないように事前に質問内容を確認しておきましょう。

メンズエステの経験について

メンズエステの仕事をやったことがあるかどうかは必須の質問です。

初心者や未経験者だからといって、面接に不利になることはありません。正直に「未経験です」と伝えて、詳しい話を聞かせてもらうことが肝心です。

志望動機について

志望動機や仕事の意欲はしっかりとチェックされるところです。

例えば、志望理由はシンプルに「稼ぎたい」でも問題ありません。

その場合、具体的に「○○までに△△万円貯めたい」「学費を払いながら働きたい」などと具体的な目標を添えると意気込みや熱意が伝わります。

メンズエステはゆるい業界も思われがちですが、面接突破のポイントは一般的なアルバイトと同じ(もしくは、それ以上)ですよ。

オプションの可否について

メンズエステの施術には、基本メニューに加えて「オプション」があります。

お店によっても名称は違いますが、
ディープリンパ
パウダーマッサージ
泡洗体、
衣装チェンジ……などなど。

オプションの詳しい説明は面接時にしてもらえます。

その際、それらのサービスができるかどうかを担当者にきちんと伝えましょう。

採用されたいからと噓をつかず、無理のない範囲で正直に答えることが肝心です。

面接終了後から体験入店までの流れ

面接が終了し、お仕事内容や条件に問題がなければ、デビューに向けて準備スタート。
ここでは「講習~体験入店」の流れを確認していきましょう。

施術ルームの見学

面接で採用が決まったら、次に行われるのがルーム見学です。

お客様を案内して施術するお部屋は「ルーム」と呼ばれています。

マンションタイプの場合、事務所の近くまでルームを見に行くことになります。

ルームの備品なども簡単に説明してもらえるので、筆記用具を持参して忘れないようにメモを取っておきましょう。

新人講習

体験入店を希望する場合、ルーム見学後に講習を受ける流れとなります。

講習では一通りの仕事の流れを実戦形式で丁寧に教えてもらえます。

大抵は女の子が実際にお客役になってマッサージを体験し、その後は講師と役を交代して、指導を受けていきます。

お店によっては、人気講師セラピストの代金を払ってくれる場合もあります。やる気がある女の子は人気講師にしっかりとコツを教えてもらっておきましょう。

メンズエステの新人講習は、最低8時間の実技講習や研修が必要だと言われています。講習は数日間かけて複数回行われ、場合によっては復習や補習もあるようです。

体験入店(体入)

講習を終えたらいよいよ体験入店。実際にお客様について、施術を行います。

体験入店の期間はお店と相談して決められます。自分の予定と在籍セラピストの出勤スケジュールなどを調整して、出勤日を決めてもらいましょう。

体験入店の場合、基本的には新人の都合を優先してもらえることが多いです。

体験入店に関するQ&A

 

体験入店中(あるいは体入後)によくある疑問をまとめてみました。

体験入店のお給料は?

体験入店でもらえるお給料は即日払い。お客様を接客したら、その日のうちに手渡しでお給料を受け取ることができます。

「体験入店中」だからとの理由でバックや時給を下げられることはありません。

面接時に提示された金額をしっかりともらえるので安心です。

体験入店は面接後すぐに必要?

面接終了後「このあとの予定はありますか?」と聞かれることがあります。

ここで「特にありません」と答えると「講習を受けてみませんか?」「体験入店してみませんか?」といった話の流れになるケースが多いです。

ただし、必ずその日のうちに体験入店しなくていけないのではありません。

もしもお仕事の内容が希望条件とあまりにも違っていた場合は「一度よく考えさせてください」と保留してOK。

また、後日改めて講習や体入したいなら「予定があるんです」とお断りしてもOKです。断っても採用の合否には響きませんし、きちんと帰らせてくれるから大丈夫です(もちろん、そのまま講習を受けてもいいなら問題はありません)。

体験入店したら入店を断れないの?

体験入店期間が終わると「体験はどうでしたか?」「次の出勤はどうしますか?」といったことを必ず聞かれます。

ですが、体験入店したからといって、そのまま入店しなければいけないということではありません。

本入店をする気がないなら、しっかりと自分の意思を伝えて丁重にお断りしましょう。

まとめ

今回はメンズエステの面接から体験入店前の流れをご説明してみましたが、イメージはつかめましたでしょうか。

メンズエステは講習に時間をかけるため、業界未経験の新人さんは少し面倒に感じてしまうかもしれません。

しかし、技術をマスターすればツブシが効きますし、入店してしまえば普通のバイトのとは比べものにならない高収入を得ることができます。

体験入店してみてもしも「やっぱりムリ」と思っても、丁寧にお断りすればそのまま入店しなくても問題ありません。メンズエステのお仕事が気になる人は、一度体験入店をお願いしてみるといいですよ。

初めてのメンズエステでも安心!女性を第一に考えたメンズエステの求人情報はこちら>>

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モルワイデ・綾

メンズエステ経験5年の元セラピスト。現在はメンズエステの業務のお手伝いをしながら、セラピストさんやメンズエステで働きたい方に向けたブログを執筆しています♪

-未経験の方へ

Copyright© 【メンズエステ求人】ラグタイムグループ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.